2009年01月23日

なぜ色々なダイエットの方法が出ては、消えていく

なぜ色々なダイエットの方法が出ては、消えていく

よく考えてみてください。


K-1ファイター佐藤嘉洋選手も絶賛!【メタボ世代のムエタイダイエット+DVD】
なぜ色々なダイエットの方法が出ては、消えていくのでしょうか。どれが本当の情報か判らずに振り回されてばかりだと思います。

これからあなたが答えを知るためにするべきことは、無駄な情報や商品にお金を払うなどということではなくて、少しの時間を使ってこの手紙を読むことだけです。


この手紙を読み終わったとき、あなたは本当にカッコいい体を手に入れるには何をするべきかわかっていることでしょう。



はじめまして、佐藤孝也と申します。

18歳からキックボクシングを始めて、元全日本キックボクシング連盟フェザー級チャンピオン、元ニュージャパンキックボクシング連盟ライト級チャンピオンの2階級制覇をした経歴を持ちます。

また厚生労働省認定健康運動指導士の資格も持っております。


現在は名古屋ムエタイジム キングムエを経営し、選手の育成や子供たちを含む後進の指導、女性の会員さんにエアロムエを教えています。

強い選手を育てることだけでなく、子供の健全な成長や、老若男女あらゆる方々の健康な生活にお役に立てればと思っております。

毎日会員さんを指導していると、皆さんがドンドン健康になってやせていきます。
最初は運動しているのだから、やせて当たり前だろうと思っていましたが、そうではないのです。

確かに運動すれば、カロリーを消費するので理屈ではやせます。
たしかにそうですが、非常に個人差があり必ずしも運動量と体重の減少が比例しないのです。



どうして同じ運動しているのに、効果が違うのだろう?

もっと効率よく脂肪を燃焼させるには、どうしたらいいかを研究して会員さんにアドバイスするようにしました。

すると、ドンドン効果が上がり始めたのです。




* 食べる量を減らしてやせようとしたが失敗した。
* いったんやせたが、安心して食べはじめたら食欲が止まらなくなり一段と太った。
* 太っていると、みんな心の底では馬鹿にしていると思う。
* 体型のことで笑いのネタになることが多い。
* 人に合うたびに「太ったね」と言われる。
* 久しぶりに会った友人がやせて若々しくなっていた。
* 同窓会で自分だけが著しく太っていた。
* 妻に「だまされた」といわれた。
* 体重計に乗るたびに最高記録を更新するようになった
* 医師からやせるように指導を受けた。
* 私はメタボリックシンドロームだ。
* 体重もさることながら体脂肪率が見たこともない数値になってきた。
* おなかの贅肉をつまむとタウンページ並みになってきた。
* 自分だけが大汗をかいている。
* 自分だけ息が荒い。
* 階段の上り下りが苦痛で仕方がない。
* 高血圧など生活習慣病になってきた。
* 寝ているときに息が止まる。
* 太ってから腰痛やひざ関節痛になった。
* 太りすぎて顔が変わった。
* 女子社員に「デブ」と馬鹿にされているために「見返してやる」と思った。
* お風呂に入るとき自分の体を醜いと思った。
* 顔写真を撮ったとき「こんなに太っているのか」と愕然とした。
* 和式トイレはしゃがみにくくて使いにくい。
* 靴の紐を結ぶためにしゃがむと苦しくてたまらない。


どうして解決することが出来るのか・・・・

なぜならば、私がキックボクサーとして体重コントロールしてきた経験と317名以上の会員さんを指導して来たノウハウがあるからです。

 
あなたは今健康ですか?

中年になると基礎代謝が落ちてどうしても太りだしますよね。

あなたはストレスで食べ過ぎたりしませんか? 接待などお酒を飲む機会が多くありませんか?

そうです。

現代社会でベストの体調を維持するのは、本当に大変です。 特に中年男性にとっては太らずにいることの方が難しいと言えます






あなたはこんな毎日を送っていませんか?

* 睡眠時間がいつも不足している。
* 時間がないので早食いをする。
* 麺類やどんぶり物など早く食べられるものを、かきこむように食べる。
* いつも同じような好きなものばかり食べてしまう。
* お腹が破裂しそうなくらいに食べないと食べた気がしない。
* 食事の時間がバラバラで不規則。
* 残業のときお腹が空いてお菓子やカップラーメンをつい食べてしまう。
* 残業で遅くなり夕食はいつも夜中に食べる。
* 接待が多く、お酒を飲む機会が多い。
* 毎日晩酌をする。
* お酒を飲むとつい食べ過ぎてしまう。
* 気分を暴飲暴食で紛らわしてしまう。
* 運動する時間がない。
* 疲れやすくなったと感じる。
* 疲れているのにぐっすり眠れない。
* 眠りが浅く、よく目が覚める。



ストレスが多い毎日が続くとどうしてもこうなりがちです。

人間の生理学上こうなるのは仕方がない面があります。

いってみれば太っても仕方がない状況にはあるのは間違いありません。






ジムにいらっしゃる方も、このような生活で健康を損ねていたケースが多いです。

ムエタイジムというと10代、20代の若い方が多いと思うでしょうが、そんなことはありません。

30代、40代の人が一番多いです。


しかしそんな会員さんたちも健康になり、メタボリックとは無縁な体を手に入れています。

自分自身に誇りが持てる、引き締まった肉体を手に入れて、カッコいいオヤジになり人生を楽しんで欲しいのです。

これまで、317人以上の会員に指導して来ました。


入会の動機を聞いてみると・・・


* 睡眠時間がいつも不足している。
* いつまでも健康でいたい。
* 20代の体型に戻したい。
* スポーツをやって体の切れを良くしたい。
* 上司や取引先など人に対して印象をよくしたい。
* 好きな服をかっこよく着こなしたい。
* 水着を堂々と着たい。
* 腹筋を割りたい。







私は、仕事、残業、接待、ストレス、運動不足などで苦しみながら頑張っているあなたを応援したいのです。

大げさに聞こえるかも判りませんが先ほど御紹介した会員さんの中には、人生が変わったといってもいい程の人もいます。

私がこの「メタボ世代のムエタイダイエット」をお伝えしようと思ったのは、あなたがメタボと無縁の体を手に入れて、太っていることの苦痛から開放されて欲しいからです。K-1ファイター佐藤嘉洋選手も絶賛!【メタボ世代のムエタイダイエット+DVD】

 


あなた:「では、どうすればいいのですか?」

私:「はい、基本となる考え方は習慣の改善です。」



あなた:「習慣の改善?」

私:「人間は一人一人の習慣で生きています。

太っている人もやせている人もそれぞれの習慣がそうさせています。」



あなた:「なるほど、そうですよね。」

私:「その習慣の中でも、良い習慣と悪い習慣を区別して良い習慣だけ残します。

以外と良いと思われているような習慣が悪かったり、悪いと思っている習慣が良かったりします。」



あなた:「習慣って簡単に変えられないよね?」

私:「ちょっとしたコツさえ掴めば驚くほど簡単に習慣化されます。」



あなた:「へぇ〜他には?」

私:「基礎代謝を上げることです」



あなた: 「それってジョギングをするとかそういったことするんでしょ」

私:「運動はした方かいいです。

でも出来ない方もいらっしゃいますので運動ではなく抜群に基礎代謝が上がる方法もお勧めしています。」



あなた:「そんな方法もあるんですね。」

私:「運動量が多い人も少ない人も、日常生活に取り入れて基礎代謝を上げてもらいます。

これも習慣化の一つです。」



あなた:「食事は?」

私:「一般的に言われているダイエット方法のように特定の食品ばかり食べたり、

特定の食品を禁止したりはしていません。

そんなことは御法度です。」



あなた:「普通に食べていいの?」

私:「逆に色々食べてもらいます。

これも習慣化の一つです。」


あなた:「でも、食べたら食べただけ太るに決まっているでしょ。」

私:「間違った方法で食事制限するから、

それが習慣になって体が太りやすくなっていくのです。」



あなた:「なるほど」

私:「そうなると心と体にストレスが溜まるだけです。

そんなことをするからリバウンドするのです。」
K-1ファイター佐藤嘉洋選手も絶賛!【メタボ世代のムエタイダイエット+DVD】


あなた:「リバウンドすると前より体重が増えるんだよね。」

私:「それは悪い習慣に対して、体が正常に反応しただけです。

特に脂肪で太ります。」



あなた:「そうそう。リバウンドすると前より脂肪で体重が増えるから、

失敗が怖くてダイエットできないんです。」

私:「もうそんな心配はしなくてよくなりますよ(笑)

運動すればやせるとか、しなければやせないとか、たくさん食べれば太るとか、食べなければ太らないとか、そんな単純な話ではありません。

ムエタイ選手とお相撲さんは同じような日課で暮らしています。

食事の摂り方と練習の仕方がそっくりです。

でも、体型はまったく違いますよね?」







あなた:「もう少し詳しく説明してください。」

私:「要するに、生活する上での習慣、基礎代謝を上げる習慣、

食事の習慣を改善して行くわけです。

生活する上での習慣とは、太る習慣を減らしていき、体にいいやせる習慣を増やしていくことです。

太っている人には、太っている原因があって太っています。
やせている人には、やせている原因があってやせています。

それは、嗜好の問題や遺伝的な問題もあります。
それをいったんリセットしてやせるパターンを身につけるのです。

今までの習慣の全てを変える必要はありません。それは無理がありますから。」
K-1ファイター佐藤嘉洋選手も絶賛!【メタボ世代のムエタイダイエット+DVD】


あなた:「では、どうやって?」

私:「意識と心をコントロールする方法があります。

人は自然に自分の欲求にプラスになる方を感情にまかせて選択します。

そこをコントロールすれば良い習慣を身に着けることが出来ます。」



あなた:「難しそうだね。」

私:「我々ムエタイやキックボクシングの選手はこの方法で自分をコントロールします。

そのコツを教えますので難しく考える事はありません。」


私:「基礎代謝を上げる習慣は、三つあります。

一つ目は運動をすること、二つ目は普段の生活の中で工夫すること、三つ目は運動せずに基礎代謝を上げることです。

まず運動を、することは基本的にお勧めします。

今、「運動なんてする必要がない」というダイエットが人気のようです。

皆さんお忙しいので、運動しなくて本当にやせられるのならいいでしょうが、健康的にやせるためには運動したほうがいいです。

でも、むやみやたらに運動しても効率が悪いです。

筋肉には赤筋と白筋があって役割とエネルギー源が違います。

それを理解して運動するから効率よく脂肪を燃焼するのです。」



あなた:「運動できない人はダメなんですか?」

私:「そういう方にために二つ目と三つ目があります。」



あなた:「そうなんですね。」

私:「普段の生活の中で基礎代謝を上げることは簡単に出来ます。

朝起きてから夜寝るまでの間、何度でも実践する機会があります。

どんなに忙しくて運動する時間がとれない人でも今すぐにやることができます。」



あなた: 「それはすぐに出来そうですね。」

私:「三つ目は運動せずに基礎代謝を上げることです。

実はこの方法が一番効率よく脂肪を燃焼します。」



あなた:「本当ですか?」

私:「先ほど、むやみやたらに運動しても効率が悪いとお話しました。

適切な運動方法をとらないと、逆に太って見える場合があります。

それは赤筋と白筋の違いと関係するのですが白筋ばかり鍛えても脂肪を燃焼させてやせたい人にはダメなのです。

例を上げるとお相撲さんがそうです。」



あなた:「お相撲さんは筋肉も脂肪もたくさんありそうですよね。」

私:「お相撲さんと違ってムエタイ選手は白筋もありますが、赤筋もたくさんあります。

ボクサーもそうです。

だから脂肪が少ない鍛え上げられた体をしています。

赤筋は運動せずに鍛えることができます。」



あなた:「それはいいですね。」

私:「最後に食事の習慣ですが、今までの常識をいったん忘れてもらいます。」



あなた:「どうしてですか?」

私:「ムエタイなど格闘技の選手の食事の摂り方は、

一般的なダイエットの常識から外れるようなことを普通にやっていることが多いです。」



あなた:「どんなことですか?」

私:「たとえば、朝食は抜く、食べてすぐ寝る、夜中でもたくさん食べる、

甘いものも食べる、炭水化物もしっかり摂る、油物も食べる、アルコールも特別禁止していないなどです。」



あなた:「引き締まった体つきをしているので、ダイエットっぽい食生活を

しているのかと思いました。」

私:「結構逆な場合が多いです。

その人の生活パターンと運動量、食事を摂るタイミングにきちんと合わせて、必要な栄養素を摂ることで脂肪がつかずに、疲れが取れて、肉体が再生するわけです。」



あなた:「よくわかりました。」

私:「特に禁止する食べ物はありません。

しかし、脂肪や老廃物を溜めないようにするために少し工夫していただくくらいです。」



あなた:「比較的自由に食べられるのですね。」

私:「カロリーの減らしすぎはいけません。

絶対に摂らないといけないカロリー目標もあります。

食べないダイエットは禁止しています。」

 

あなたにやっていただくことは、良い生活習慣を取り入れ、基礎代謝を上げ、良い食生活を実践する。

それだけです。

簡単です。

真実はいつもシンプルです。




以下の方法は、間違ったダイエット方法です。心当たりはありませんか。

* 炭水化物ダイエット 糖質を抜くためにご飯、パン、麺類など主食を抜く
* 太ったからといって、食事を抜く、もしくは極端に減らす
* 置き換えダイエット 食事を1食でもダイエット食品に変える
* サプリメント中心の食事にする
* 単品ダイエット 食事を1食でも特定の食品に変えてそればかり食べる。
* 薬に頼って体重を減らそうとする。


このようなよく聞くダイエット方法とは、まったく別物と思ってください。
今までのダイエット方法は、一時的に体重が減ってもリバウンドしやすく、体によくない方法ばかりです。

このような方法は、あなたを苦しめるばかりです。

 

圧倒的に効果が出て、その効果が継続するような商品を出したらダイエット業界は成り立ちません。それが現実です。

ムエタイダイエットを実践すると先ほど御紹介した2名の会員さんたちのように安定期に入ります。

安定期に入れば、太りにくい体を手に入れたことになります。
早い人だと29日で結果を出した方もいらっしゃいます。

* ビールも気にせずに飲めます。
* 揚げ物を食べても平気です。
* ラーメンやチャーハンももちろんOKです。
* リバウンドも気になりません。
* 人によってはスーツをサイズ直ししなければいけないかも知れません(汗)。
* 若い女の子にもててしまうかもしれません。
* 自分自身を誇れるようになります。
* 笑顔が増え家庭や会社の雰囲気を明るくすることが出来ます。
* 「俺も若くないからさ〜」を言わなくなりその言葉を思い出す事すらなくなります。
* 子供の運動会に「いいよ、でてやるよ!」とリレーの選手をかってでて素晴らしい走りで子供に見直されます。
* いろいろなものがバランスよく食べることができ無理なく偏食がなくなり食事が本当に楽しくなります。
* みんなで食事をしているとき、一人だけ滝のような汗をかいていたがそんな恥ずかしい思いをしなくなります。
* ズボンのベルトの上にお腹がのらなくなります。
* ワイシャツの一番上のボタンがとどくようになります。
* 再びおしゃれに目覚めることができます。
* ついつい鏡の前で素っ裸になってポージングをして体を見てしまうほど自分が好きになります。
* 好きな物を思いっきり食べても、すぐにリセットして体重をコントロールできるようになります。
* キャバクラに行ってもお世辞ではなく年より若く見られるようになります。
* 新幹線の普通車がグリーン車のように広く感じるかもしれません。
* 階段をかけ上がっても心臓がのどから飛び出そうなほどゼイゼイいわなくなります。
* 奥さんや娘さんと一緒に歩いてもらえるようになります。


このプログラムを実践すると、こんなに予想外のメリットを得ることが出来ます。

安定期に入ってしまえば、もしかするとこのように身も心も軽く、楽しく毎日を過ごせるようになれるのではないでしょうか。

安定期に入ってしまえば、もう二度とメタボに戻る心配がなくなるのです。K-1ファイター佐藤嘉洋選手も絶賛!【メタボ世代のムエタイダイエット+DVD】
posted by ムエタイダイエット at 17:40 | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
メタボ世代のムエタイダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。